診療案内と特徴

プレイルーム1まめの木クリニックでは

●落ち着きがない、気が散りやすい

● 友達と遊ばない

● ことばが遅い、会話にならない

● 読み、書きをなかなか覚えない

● 手が不器用

● すくに怒る、わめく、ぐずる

● 子どもの気持ちをつかみにくい

● 育てにくい

子どものこのような問題を理解し、支援するクリニックをめざしています。児童精神科医、発達専門の臨床心理士、ケースワーカーがチームになって子どもの発達・育ちとその環境を多面的にていねいにアセスメントします。医学的治療と発達を支援する相談を行い、環境についての調整をします。

 

ペアレントトレーニングについて

 

まめの木クリニックでは、
ペアレント・トレーニングを積極的に活用しています。
→子どもを理解して、日常の養育の中でぶつかる難しい状況を乗り越えるためのプログラムです

>>まめの木式ペアレント・トレーニングとは
>>ペアレント・トレーニングをご希望の方へ

就学前のお子さんをお持ちの方のためのプログラムも始まっています。

 

発達臨床研究所について

 

●ペアレント・トレーニングのリーダー養成講座を行っています。

●教師や保育士が、子どもとの日ごろの関わりにペアレント・トレーニングを活用するプログラム(ティーチャーズ・トレーニング・プログラム/TTP)を実施しています。

●教育関係者、発達に関わる相談機関の方々のための相談や研修会・講師等をお受けします。

 

 

Copyright© まめの木クリニック 発達臨床研究所 / 江戸川区小岩のクリニック All Rights Reserved.